また新たな道へ

こうして就職活動開始となりました。もうこうしたトラブルはいやだなというのが本音でした。

日本へ帰ることも頭をよぎりましたが、ここで帰るのもなんだか納得できないので自分の足で一からスタートしようとバンコクで転職活動する決意をしました。

私の場合バンコクでの就職は1度目は友人に紹介してもらい、2度目は引き抜きだったため実質自分で転職活動したことはありませんでした。転職の仕方についても周りから話を聞く程度で、自分ではほとんどわかっていませんでした。

話を聞いた限りではフリーペーパーの求人に応募するか、派遣会社からの紹介というパターンです。

フリーペーパーについては片っ端から問い合わせ、派遣会社にも応募しました。

幸い多くの応募先で良い返事がもらえたのですが、私はタニヤというエリアで食事をした際の日本料理店で求人を発見しそこでの就職を決意しました。

現在もそこで勤務しているのですが、日本人オーナーも料理人で新たな支店を出すために募集をしているとのことでした。同じ業界の人種とあって話しがとてもスムーズで、大変よくしてもらっています。

ワークパミットなどもしっかり支給してくれ、売り上げが良い月には振る舞い(給料の他にお金をもらえる)も用意してくれます。

料理人の求人についてはこのようにお店で出しているケースもあります。またそれこそフリーペーパーや派遣会社でもたびたび募集しています。

バンコクの飲食店事情は日本より激戦区で、日本の地方のほうがよっぽど経営が楽なのでは?と感じるほどです。

乱立状態で店舗があるので、就職しても長く勤めることができるかどうか?は重要なポイントとなります。

友人についても転職先がつぶれ、今は違うお店で働いています。

基本的にバンコクでは和食料理人の就職先は存在しており、また転職についても可能となっています。引き抜きなどもあることでしょう。

ただし福利厚生が整っていなく、健康保険や年金といったことは自分たちでまかなわなくてはいけません。またバブリーなバンコクでは地上げについても盛んに実施されており、立ち退きが原因で閉店に追いこまれるという話も珍しくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です