タイ人オーナーとあわない

日本人オーナーは他にも会社やお店を経営しており、オープン後は基本的にタイ人の恋人にお任せ状態となりました。私はとにかくこのタイ人オーナーとあわず、衝突もしばしばでした。

例えば日本から輸入している刺身類を「もっと薄く切って利益率を高めろ」とか「タイの食材をもっと使え」とか料理にも指示を出してくるわけです。経営者サイドとして経費を削りたい気持ちはよく理解できますが、お客様に料理を提供する以上、お金をもらっているわけだし「おいしい」と思うものを食べてもらいたいと考え、頑として自分のやり方を譲ろうとはしませんでした。

またこんな問題もありました。それはお店の清掃が行き届いていないといった点です。従業員についてもなるべく経費をかけたくないと考え、トイレ掃除などがどんどん雑になっていきました。日本人はそうしたところに厳しく、結果としてお客さんの足が少しずつ遠のいていきました。

そもそもバンコクには次から次にお店が日本食のお店がオープンしており、そして次々とつぶれていくといったことが実態です。特にBTSトンロー駅やプロンポン駅周辺はお店の出入りが激しく、少し見ない間にお店が全く変わっていたなんてことも少なくありません。このエリアは家賃も高いので当然のことといえば、当然のことなのですが。

タイ人オーナーについても一応オーナーです。(完全なる名義貸しですが)タイでは会社立ち上げにあたりタイ人オーナーを立てなくてはならず、タイ人の協力なしには会社立ち上げは基本的に不可能です。名義貸しなども盛んに行われていますが、トラブルも耐えないことからタイ人の恋人や家族を名義人として立てることも多くみられます。

私としてもせっかく転職してお店を任せてもらったのに、こんなことの繰り返しでいいかげん嫌気がさしてきました。最後の方はこのタイ人オーナーについてはほぼ無視です。仕入れについても勝手にやっていたのですが、逆に勝手にストップされたり、仕事の邪魔をされたこともしばしばでした。

新たなお店へ転職

私は新たな店でスタートを切ることになりました。まずはメニュー作りからはじまり、お皿などについてもセレクトを任されました。基本的に日本人オーナーは「諭吉さんのセンスでお願いします」とお任せスタンスだったので、自由にやらせてくれました。

多くの料理人は「いつか自分のお店を出したい」と思っていることと思います。私もその中の1人です。自分のお店ではありませんが、まるで自分のお店のように采配をふれるのはとても光栄なことです。

転職についてはワークパミットの切り替えがありました。ホテルで支給されたワークパミットは返却し、その後新たに新しいワークパミットが支給されるといったものです。ワークパミットの申請などは、オーナーの恋人と一緒に手続きをとりました。チェンワッタナーというバンコク郊外にあるイミグレーションで手続きを行い、無事新たなワークパミットが発行されました。

日本人スタッフは私を入れて2人で、1人は店内のマネージャーです。マネージャーはタイ語ができる女性が採用されました。

このように私の場合、すんなりバンコクで就職先が決まったケースでありこれから探そうといった人とちょっと違うケースかと思います。バンコクについては日本食レストランが多く、和食料理人の求人もけっこう見受けられます。就職を希望されている方は、自らエントリーしてみるといいでしょう。実際にそうした形で転職を果たしタイ移住し、最終的に自分のお店を構えた人もいます。

こうした準備を進めていきオープン当日。実はこの日はオープンできませんでした。その理由は「工事の遅れ」です。タイではよくある話で施工工事が大幅に遅れることが多く、作業員が気分次第で休むこともしばしば。結果的に半月遅れてようやくオープンにこぎつけました。幸い日本人オーナーだったことから、オープン前についてもお給料を出してくれました。

仕入れについてもホテル時代のノウハウから、すんなり行うことができました。